住宅ローン 生命保険 見直し

住宅ローンを組む、借りる時は生命保険も見直ししましょう。

住宅ローンで新築一戸建てを建てたいという方、新築物件、分譲マンションの購入を考えている方に、ご自分の不動産物件の購入を決定した後に「家族の生命保険見直し」することを提案しています。

 

なぜかというと、住宅ローンを組んだら「団体信用保険」で、世帯主になにかあったら保険で家のお金や社会保障でカバーできますが、奥様(妻)・配偶者の方が倒れたり、何か大きい病気をしたりして家族を世帯主一人で守る事になった場合、お金、子育て、家事、仕事、入院等の負担が(お金も時間も労力も)かなり大きくなるからです。

 

 

>> 相談無料で現状のライフステージに応じた生命保険の見直しができます。【ほけんの窓口】

 

 

配偶者の方が一人がいないだけで、住宅ローンや家計のお金に加えて、家事、子育て、仕事の負担がのしかかる・・・・。

このような状態を避けるためには、配偶者の方、世帯主の方の生命保険(入院保険等)を住宅ローン契約前後で早めに生命保険を見直しておく必要があると実感しています。

 

私は数年前に新築一戸建てを購入しましたが、土地と住宅メーカーを決定し、住宅ローンの契約をしていたときに妻が重い病気で入院をしました。

 

実際、妻は数週間重い状態で入院し、数ヶ月で退院しました。かなり長期間に渡っての入院をしました。

 

私達夫婦も30代後半で子供もまだ幼稚園入園、小学一年生という年齢で、住宅を購入し、これから住宅ローンも払って、お金もかかるけど、新しい家で家族で楽しんで頑張っていこう、というタイミングでした。

 

この時思ったのが、住宅ローン(当時はフラット35での契約)を組んだ場合、団体信用保険も入っているので世帯主になにかがあったら住宅ローンは0円(払う必要がなくなる)になるのですが、子供が小さい時期で妻が入院してしまった場合、私(世帯主・夫)が仕事も家事も入院対応もしないといけなくなり、収入も不安定になるので、住宅ローンを組んだら妻の入院保険、生命保険を新しく見直ししておく必要があった!ということでした。

 

当時、妻は少額ですが生命保険に入っていてくれたので入院分(180日分)、手術分の保険料をあとから請求できましたが、他の入院している他の若いママさんは最低限の生命保険しか加入しておらず、家計が厳しいと言っていました。

 

ちなみに、入院や手術という場合、高額医療費制度で病院での月額も高額になってもある程度安くなり、あとから入院費、治療費も返ってきますが、やはり入院していると、病院のお金だけでなく、妻が不在のため食事も外食になりますし、移動や入院に関わる諸費用、その他もろもろかなりのお金を出費することになります。

 

ですので、もし新築一戸建てを建てる、マンションを購入する、住宅を取得するために住宅ローンを契約するという場合は、そのタイミングと同時に家族の生命保険を見直して、比較しておくことが大事です。

 

 

 

>> 専門家の無料アドバイスが受けられます。【ほけんの窓口】

 

 

個人的には自分たちは住宅ローンや家のこと、子供のことなどで手一杯で生命保険の見直しまでできなかったので、プロの人達に色々な保険の提案をしてもらい、妻の生命保険、入院保険等をかけておけばよかったと今は感じています。

 

 

新築をすぐに売るという事態が起こることもあります。

住宅ローンの支払いで家計に負担が増えていくとき、子育て、家事など家を守る方(妻or夫)に病気、怪我などで入院、又は死別となった場合、家計が一気に悪くなり、最悪の場合新築を建てた後、すぐに売却も考える必要が出てくる可能性もあります。

 

実際、私も建築中に一旦手放すことはできないか?売却したらどうなる?など住宅メーカーにも相談しました。しかし、注文住宅であること、新築一戸建てといえども一度建てたら、その家はもう中古物件になるということでした。

 

建築中の自分の新築の柱や足場をみて、この先どうなるのだろう・・・ととても不安に思いました。妻は助かるだろうか、退院して前のように元気になってくれるだろうか、住宅ローンのお金は払えるだろうか、子育てや家事、仕事はどうしよう・・・。嬉しいはずなのに、とても不安で自暴自棄になりかけました。。

 

結局は妻の入院中に新築をそのまま建てて、住宅ローンも契約しました。

 

その間、住宅ローンの契約も完了し、家も棟上げが終わり、どんどん建築が進んでいるタイミングで倒れ、入院となりました。
私も仕事をしていて、子供も幼稚園と小学校に入ったばかり、妻は入院でひどい状態、お互いの家族にあまり頼れない・・・というかなり厳しい状態でした。命の危険もあったので、何度も泣きましたし、子どもたちもとても怖がって不安定になりました。
ですので、できるだけそばに居てあげたかったと今では思います。

 

この時、住宅ローンで家を買ったりしたら、団体信用保険があるので自分(世帯主)の保険を減らして、妻の入院・死亡の生命保険を強くしておけばよかったということでした。

 

もし世帯主が倒れたら生活はどうなる・・と考えがちですが、実は団体信用保険で家のローンは無料になりますし、遺族年金もあり、生命保険もあればある程度はなんとかなりますが、家をたてるときに大きいお金を動かした後で小さい子供もいるときに妻が長期に入院したり、不幸にして亡くなったりした場合・・・・時間もお金もかなり必要になります。
※当時は世帯主以外の配偶者の遺族年金は貰えませんでした。

 

これは実際に直面したからわかることです。

 

家族の命や心身の健康、生活安定以外に大事なもの、絶対に必要になるのは「お金と時間」です。

 

生命保険でのお金が入ればある程度安心して外食などの出費も大丈夫ですし、時間に確保もできます。
子育てもあるとどうしても仕事を休んで時間を確保しなければいけませんが、仕事を休むと職場でも最初は同情してもらえるし、休みも入れやすいですが数ヶ月もすると、同僚も「なんで自分たちにシワ寄せがくるんだ・・」という雰囲気になります。
悲しいですがそれが現実で、他人の不幸でも自分たちには関係がない・・ある程度時間が過ぎればそれが当たり前になってくるんですよね。

 

これは自分たちも同じですから、誰も責められません。同情だけでは長期間の妻の不在をカバーできないんですね。やっぱり命と健康の次には、お金とお金があることでの時間と心身の余裕が大事になってきます。

 

お金が入ってくれば、外食をする学童保育などで時間を捻出することができますが、時間があってもすぐには収入は入ってきません。

 

妻が倒れた時、家を建てて一気にお金を使った時でしたので、自分的には少額の生命保険の入院給付金でもとてもありがたかったです。
ですので、今、家を建てる、住宅を購入する方は、住宅ローン契約又は契約前に生命保険の見直し、世帯主以外の妻、配偶者の保険も再度比較し見直ししてほしいと思います。

 

好事魔多し、花に嵐の例えもあるなどの格言もあります。今から住宅を購入する方は、もし夫が妻が住宅ローンを契約し、本格的にお金を出費しなければいけないタイミングで何かがあったら・・・と、考えてもらえたらと考えています。

生命保険の見直し、比較はどうすればよいか?

生命保険の見直しは実際どうすればよいか?ですが、私としては生命保険会社も多くあり、保険商品も数多く存在する現状で、今入っている生命保険会社一社でまとめるのはリスクが大きいと感じました。

 

終身保険、入院保険、ガン保険、子供用の学資保険、子供の入院保険、収入補填のための保険・・・数限りなく保険商品は存在し、会社も多いです。

 

各社の特徴や特約も様々です。正直言って、自分ひとりでインターネットや本で調べても限界がありますので、私は保険の窓口で相談して情報を収集することをオススメしています。

 

今契約している保険会社でプランを組むのもいいので、一度相談してみてもよいです。ただ、面倒だからと言って一社に頼ると、実際かなり安く他社の同様の保険プランが組めるということもあります。生命保険は契約すると、ある程度長く支払うことを想定しなければいけませんので、個人的には一社に頼るのは危険だと考えています。

 

 

 

>> 専門家の無料アドバイスが受けられます。【ほけんの窓口】

 

他社のプランや保険窓口で相談した結果を比較検討して、住宅を購入したあとの住宅ローンの支払い、各種家電家具の買い替え、引っ越し費用の出費、諸々の出費がかさむ中、家族になにかがあった場合、どのような形でお金や時間、家事、育児、仕事をカバーするのか?を夫婦で検討してください。

 

ちなみにショッピングモール等にある保険相談窓口等での相談は無料ですので、ネットで予約しておけば、ちょっとした買い物のついでに相談することもできますよ♪

 

 

住宅購入の前の生命保険についてまとめます

住宅を購入する前、又は同時のタイミングでも、可能なら早めに世帯主と配偶者(夫婦又はそれに近い関係)の生命保険を全体的に見直してみてください。

 

私が住宅ローンを契約する前にしておけばよかった・・と後悔しましたので、今、あのときに戻れたら下記のことを実践していたと思います。

 

・住宅を購入する(手付金を払う)、住宅ローンを契約する前に家族の保険の見直し
・特に家事、子育てができなくなる場合のお金、時間の確保をどうするか?の検討
・世帯主が入院したら、住宅ローンはどうするか?の検討
・家事、子育てを中心にしている妻(配偶者)が入院等で不在になった場合どうするか?の検討

 

↑上記を夫婦で話し合った上で「生命保険の見直しとプランの比較」をして、生命保険を組み直した後に住宅ローン契約ということをしていると思います。

 

ちなみに世帯主が団体信用保険に加入して住宅ローンを組んでいたら、不幸な場合が起こった場合は住宅ローンの支払いがなくなり、住宅は配偶者にわたります。固定資産税等は必要になりますが、住宅ローンの支払いはなくなるので、住宅購入のタイミングで世帯主の死亡保険は減らしてもよいと思います。

 

その分の減らした保険料を、家で家事をしたり子育てをしてれる配偶者の入院保険などの生命保険に充当して、子育てや家事をカバーするためのお金にするというプランを組むほうが家族を守るという意味では確実なプランになります。
※現実に妻が不在時は外食、惣菜などの買い物が増えて出費も増えます。
※仕事も休んだりして収入も変動があります。
※最悪の場合、休業、退職、転職も視野に入れておく必要があります。

 

生命保険は大事な家族を守るというだけでなく、いざという時に自分のお金と時間を補償してくれる武器でもあります。

 

特に住宅を購入するという人生の大きい決断時のセーフティーガードにもなります。住宅を買うときは輝かしい未来、楽しい家族の時間を想像していると思いますが、もしものことがあったら、どうなるかな?ということも想定して大きい決断をしてほしいと思います。

 

 

>> 相談無料で現状のライフステージに応じた生命保険の見直しができます。【ほけんの窓口】

 

 

 

 
 
 

  • SEOブログパーツ